ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理

自己処理(じこしょり)とは、ムダ毛の処理を、ラヴォーグなどの脱毛サロンに頼らずに、自分の手で除去することです。


自己処理について理解しておくことはとても重要です。ラヴォーグのような脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間は自己処理が必要です。


自己処理が面倒だから脱毛サロンに通っているのに・・ と思うかもしれませんが、しばらくの間は、しっかり自己処理しましょう。


自己処理の法則

自己処理の法則

ムダ毛の自己処理には、ひとつ基本的な法則があります。それは、ムダ毛を抜くことはできるだけ避けた方が良いということです。


ムダ毛を抜くと、毛根のところに柔らかい組織が付着しているのが見えると思います。これは皮膚の組織で、ムダ毛を抜くと、毛穴周辺の組織ごと引き抜いて、ケガをさせてしまうような状態になるのです。


つまり、肌にかかる負担がとても大きいということで、できるだけ避けた方が良いのです。


毛抜きは、ここのムダ毛1本を抜きたいという時には便利ですが、例えばワキを毛抜きで処理するとか、ある程度広い部位を自己処理するのは避けた方が良いです。


毛抜きと同じように、ムダ毛を抜く系統の自己処理に入るものとしては、脱毛ワックス、脱毛テープなどがあります。脱毛ワックスは、すごく痛いので当然ですが、毛抜きの大規模版ですので、できるだけ避けた方が良いです。


カミソリの正しい使い方

カミソリ

自己処理の方法として、カミソリは、正しく使えばベストの方法の一つです。


カミソリでムダ毛を剃るということは、毛根部はそのまま残して、ムダ毛を途中からカットするということです。このため、比較的、肌にかかる負担が少ないのです。


もちろんカミソリも、剃った際に、肌を薄く削りとってしまいますので、自己処理前後のケアはしっかり行う必要があります。ですので、カミソリの正しい使い方を知るのはとても重要です。


カミソリと同じように、ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法に入るものとしては、電気シェーバー、脱毛クリーム(除毛クリーム)があります。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、比較的強い薬剤でムダ毛を溶かすものですので、自分の肌との相性には気を付けましょう。


自己処理前後のケア

自己処理前後のケア

ムダ毛の自己処理前後のケアは重要です。


@自己処理前には温めて、ムダ毛を柔らかくして毛穴を開かせる。
A自己処理後には冷やして、肌を引き締める。
B最後に保湿ケアを忘れずに。


自己処理前後のケアには、蒸しタオルを使うととても便利です。


蒸しタオルは電子レンジを使うと、手軽に作ることができます。水に濡らしたタオルを、ラップに包んで電子レンジで30秒程度温めればできあがりです。


蒸しタオルは、温かいうちは自己処理前のケアに使うことができ、冷えてきたら自己処理後のケアに使うことができます。蒸しタオルを活用して、自己処理前後には適切なケアをしてくださいね♪


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 佐世保店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!