脱毛サロンで永久脱毛できるの?

脱毛サロンでも永久脱毛できるの?

永久脱毛

どうせ脱毛するなら、永久脱毛(えいきゅうだつもう)したい!と思う人は多いでしょう。


でも、永久脱毛の定義は、私たちがふつうに「永久脱毛」という漢字を見て感じるイメージとは違うんです。


永久脱毛の定義は、米国電気脱毛協会(AEA)によって定められています。


このAEAの定義は「脱毛完了後、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であること」です。つまり定義上は、完全にムダ毛が生えてこないことが永久脱毛というわけでは無いのです。


もちろん、この定義とは別に、脱毛技術は進歩しています。


AEA本部が創立されたのは1958年なのですが、レーザー脱毛が発明される以前のニードル脱毛(針脱毛)時代の定義を今でも使っているという問題があります。


日本をはじめ15カ国がAEAに加盟していて、永久脱毛についてもAEAの定義に準拠していますが、レーザー脱毛と、その後に登場した光脱毛は、手軽に利用できることで需要も一気に拡大し、年々改良も加えられています。


現在では、最新の脱毛器であれば、ほぼ目立つムダ毛は生えないという状態を実現できるところまで来ています。


医師法の規定

医師法

日本で、レーザー脱毛を採用する医療脱毛クリニックと、光脱毛を採用するエステ脱毛(脱毛サロン)を区分しているのは、医師法です。


正確には、医療脱毛クリニックは医師法の規定を受け、脱毛サロンは医師法の規定を受けないという区分となっています。


そして、同じく医師法の規定で、永久脱毛という呼び方は医療脱毛クリニックでないと使うことができないと定められています。


この場合の「永久脱毛」の定義は、AEAの定義とイコールになります。つまり、「脱毛完了後、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であること」です。


現時点では、よほど未熟な個人脱毛サロンなどでもない限りは、この定義は満たしているように感じられますけれども、法律上は永久脱毛と呼ぶことができないということになります。


誤解のないように解説しておりますが、脱毛効果自体は、明らかに医療脱毛クリニックが採用するレーザー脱毛の方が高いです。逆に言うと、光脱毛の脱毛効果がレーザー脱毛よりも低いことは明らかなのですが、現実問題として「光脱毛のレベルで十分なんじゃないの?」と考える人がとても多く、光脱毛を採用した脱毛サロンは非常に人気を集めているのです。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 佐世保店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!